5年以上前から返済が出来ていない場合、時効援用手続きで借金が0(ゼロ)に!?貸金業者、債権回収会社から突然督促が来た、裁判所から書類が届いた、返済していないのに督促が来ない…当てはまる場合、時効援用手続きで借金が帳消しになるかもしれません。一人で悩まず、まずは無料相談へお問い合わせください!

一人で悩まずまずは無料相談へお問い合わせください!

phone_in_talk電話相談はこちらから

平日 9:00~19:30 || 土 10:00~17:00

お気軽にお問合せください!

  • 全国対応可能。電話・メール・郵送でご対応できます。
  • 相談料無料。ご相談は何度でも無料です。
  • 詳細資料不要。資料がなくても大丈夫です。

借金の時効援用とは?

借金を長期間返済しないまま放置している場合に、
一定の期間が過ぎたことを主張することで借金を支払わなくてよくなるという制度です。

正確には消滅時効の援用と言います。

残高が0にならない限り、たとえ放置していても借金を返済する義務はずっと続きます。

督促などが来ていない場合でも、放置している間、延滞金は日々加算され続けます。


つまり、時効援用とは・・・

この借金は時効なので、支払いませんと相手に伝えること

を言い、相手に伝えない限り、時効援用は適用されません。

時効援用のメリット

時効援用をして、メリットがなければ手続きをする意味がありません。

ではどのようなメリットとデメリットがあるのか。

〇 手続きするメリット× 手続きしないデメリット
支払い義務がなくなる支払い義務が続く
延滞金・利息を支払わなくてよくなる延滞金・利息が加算され続ける
督促に怯えなくてよくなる督促や訴状がくる恐れが続く
信用情報がきれいになる
(いわゆるブラックリストから外れる)
信用情報に滞納記録が残る
(事故情報=ブラックリスト)

時効援用手続き最大のメリットは、やはり借金の支払い義務から解放されるという点です。

返済をせずに放置している間も支払い義務はある為、常に、いつ督促が来るか、裁判を起こされるかといったリスクを含んでいます。時効援用の手続きをすることで、リスクを回避出来ます。

また、信用情報が、借金を抱えている状態ではなくなるため、ローン審査や、クレジットカード審査に通る可能性に繋がります。キャッシュレス決済の普及が進む中、こちらも見逃せないメリットと言えるでしょう。

適用条件を把握し、手続きをするタイミングをよく見極めることが必要です。

時効援用が可能な条件

債権者が消費者金融、クレジットカード会社、債権回収会社、医療費の場合、大きく3つの条件があります。

条件1double_arrow

最後の返済から5年以上経過している  

条件2double_arrow

最後の返済以降、支払いする約束をしていない

条件3double_arrow

相手から10年以上、裁判を起こされていない

ここで慎重にならなければならないのは、いずれの条件にも関わってくる「最後の返済日」とは一体いつなのかということです。

起算日を見誤ると、条件に満たず時効期間のカウントが振り出しに戻る可能性があります。

時効援用が可能かどうか、条件を満たすかどうか、是非ご相談ください。

手続きする最良の時期をアドバイスさせて頂きます。


※ 法律上、時効の起算点は「権利を行使できる時から10年」または「権利を行使できることを知った時から5年間」経過している必要があります。

※ 信用金庫、信用組合、労働金庫の債務、奨学金や個人の貸し借りは10年となります。

時効援用手続きの流れ


ご相談・ご説明

電話・メールでお話をお伺い致します。
もちろんご相談は何度でも無料です。

下矢印

ご依頼

ご契約の際にご来所いただく必要はございません。

下矢印

現状調査

明細書などを取り寄せ、お客様の現状を調査します。
時効期間・中断事由の有無などをお調べします。

下矢印

ご報告・意思確認

調査内容を分かりやすくご報告し、お手続きの意思を再度確認させていただきます。

下矢印

費用積立

早期解決の為、一括のお支払いをお勧めいたしますが、ご事情により分割払いも可能です。

下矢印

時効援用手続き

債権者へ通知を送り、消滅時効の援用手続きをします。
手続きはすべてお任せください。

下矢印

時効援用手続き完了

時効の援用処理が適正に行われたか、債権者へ確認し完了です。

ご契約いただいたあとは、全てアイル事務所が手続きを行います。

詳細を調査し、時効援用手続が困難という判断になった場合は、別の方法(債務整理など)をご案内させて頂きます。ご希望がない場合、お手続きを無理にお勧めしませんのでご安心ください。

手続き費用について

  • 分割払い相談可能
  • 複数社手続きの場合費用相談可能

ご事情、ご状況に応じて、お費用のご相談に応じます。

費用の特徴

thumb_up_alt1.時効が認められなかった場合は返金致します

ご依頼頂いて、時効援用の手続きを進めましたが、時効と認められなかった場合には、実費を含めて、費用はすべてお返し致します。

※たくさんのご依頼を頂いておりますが、事前調査をさせて頂いた上で、時効が認められなかったケースは今までほとんどありません。ご安心下さい。

thumb_up_alt2.費用は後払いでOK

時効のご依頼を頂くケースのほとんどは、急に債権者より何かハガキが届いていつまでに連絡欲しいと書かれている、といったような、至急で対応する必要があるようなものです。
当事務所では、ご依頼頂いてから、費用を頂く前に、受任の通知を相手方に送ります。督促が止まりますので、その後費用をお支払い下さい。分割にて頂くことも可能です。ご相談下さい。

thumb_up_alt3.成功報酬は頂いておりません

当事務所では、基本料金+通信費等を頂いておりますが、それ以外の費用を一切頂いておりません。手続きがすべて終わった後、あとから、追加で「成功報酬」として別途費用が発生するようなことはありません。

※成功報酬とは、経済的利益の〇%等が一般的ですが、かなり高額となる場合がございます。

基本料金 1社につき  50,000円(税込価格:55,000円)
通信費等 3,000円
合計 58,000円

ご相談は無料です!

お問い合わせはこちらから

  • 全国対応可能。電話・メール・郵送でご対応できます。
  • 相談料無料。ご相談は何度でも無料です。
  • 詳細資料不要。資料がなくても大丈夫です。

ページの先頭に戻るページの先頭に戻る

無料

  • メール相談はこちら
  • お客様の声
  • お急ぎの方はお電話ください